「ク・ビレ邸」

「ク・ビレ邸」は、北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想のインフォメーション・センターとして、2010年10月、鞦韆舘のプロデュースのもとオープン。北加賀屋エリア(大阪市住之江区)の空き家や廃工場をセルフ・リノベーションするアーティストやクリエイターが増える中、同構想の詳細を紹介し、最新情報を発信していく拠点として注目を集めています。


古い住宅をリノベーションした雰囲気はまさに「隠れ家」的
大阪市営地下鉄・四つ橋線「北加賀屋」駅から徒歩1分。古い民家が並ぶ路地を入ったところに「ク・ビレ邸」はあります。何も書いていない赤い看板とモザイク状のドアだけ眼を引く外観で、隠れ家的な雰囲気が満載。
ドアを開けると吹き抜けのエントランスで、壁の上方には北加賀屋の巨大なジオラマが。1F奥はバーカウンター、2Fは座敷空間となっています。壁棚にはマニアックな映画パンフレットや絶版の写真集を始め、レアな楽譜、演劇関係の書物、各種アート雑誌などが並んでいます。
また引き戸や窓といった建具は、すべて当時のものを補修し再利用しているので、昭和チックな空間で最新のアート情報をゆっくりと堪能してください。

北加賀屋の「今」を伝える情報発信拠点

「ク・ビレ邸」は、北加賀屋で起こっているアートな出来事や最新ニュースを提供できるインフォメーション・センターであると同時に、若いアーティストを中心とした作品発表の場でもあります。現代アートの展示やクラシック音楽の演奏会、トークやジャズなどのライブと、次代のエネルギーを発信するさまざまなイベントを企画しています。
またバー・タイムは、若いアーティストやクリエイターと地域のお年寄りたちとの交流の場にもなっていて、アート全般や北加賀屋の町づくりのハナシで盛り上がることもしばしば。「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想」をサポートしてくれている地域住民パワーも見逃せません。